信仰を以て正しく生きる

もし命が助かるとすれば、それは救いです。 生きることが至上命題であるとすれば、永遠の命は全生命の目的です。 それ与えられるのは神だけです。 したがって神を信仰することは、我々の究極的な目的を実現します。 一方で正しく生きることは神の要請です。 ですから、信仰を以て正しく生きることは、人間に課せられた共通の命題です。
コメント:0

続きを読むread more

神が存在することの形而上学的証明

1 神を永遠で無限な存在と仮定する。 2 この宇宙は有限である。 3 時空間は現象である。 4 宇宙が始まる前には永遠で無限なものがあったと考えられる。 5 これは、1の神の仮定と一致する。 6 ゆえに神は存在する。
コメント:0

続きを読むread more